世の中には太りたいけど太れない人もたくさん居る

世の中には痩せたいと願う人が居る一方太りたいと願う方も居ます・・・

 

太りたいけど太れない、痩せたい人は食事制限をして運動をすれば痩せることができますが、太りたい人ってご飯をたくさん食べても、間食しても太れないのです・・・

 

痩せたい人からすると羨ましすぎる悩みですが、太りたい人からすると非常に深刻な悩みなのです。

 

ではなぜ太ることができないのでしょうか?

 

その答えはエネルギー吸収率が悪いからです!

 

人間はご飯を食べると消化してエネルギーとして吸収します。

 

そして、そのエネルギーを日々の活動で消費し、余ったエネルギーは体脂肪となり蓄積されていきます。

 

つまり、太りやすい人はエネルギ吸収率が良いと言うことですね。

 

しかし、太れない人はエネルギー吸収率が悪いため、食べても食べても太れないのです。

 

それどころか痩せすぎていて体力もなくすぐに骨折してしまったりもしてしまいます。

 

太りたい人と痩せたい人の決定的な違いは、エネルギー吸収率の違いですが、なぜこのように差が出るのかと言いますと腸内環境が大きく影響しているのです。

 

腸内には酵素が存在していて、消化酵素と代謝酵素があります。

 

この内の消化酵素が食べ物を消化し吸収を促進させる酵素なのですが、この消化酵素が不足している状態にあるのです。

 

この2種類の酵素は密接な関係があり、どちらか一方が減少するともう一方も同じだけ減少してしまうのです。

 

だから痩せている人は食が細いし運動も苦手なのです。

 

消化酵素が不足することで代謝酵素も不足してしまい、体力がなくなり運動できなくなってしまうのです・・・

 

ですから、体内の酵素量を増やしてあげる必要があり、酵素がしっかりと補給されるとエネルギーの消化吸収率が上がり、太りやすい体質へと変化させることが可能となるのです。

 

本気で太りたいと言う人は、https://hutoritai-school.com/に詳しく説明されていましたのでぜひ一読してみてください。

 

また、痩せたいと願う人も逆の行動を行えば痩せるヒントが得られるかもですよ!

 

いずれにしても太りやすいか痩せやすいかは腸内の酵素が関係していると言うことですね。

 

太りたいけど太れないは羨ましい悩みかも知れませんが、本気で太れない人からすると誰にも相談できない深刻な悩みなのです。